内窓(2重サッシ)|横浜(神奈川県)の窓ガラス交換・防犯対策ならガラス急行へお任せ下さい

内窓(二重サッシ窓)

内窓4つの特性

省エネ効果(遮熱・断熱)

内窓

室内で熱の出入りが最も大きい窓。そこで、樹脂製のサッシ窓をつけ二重窓にすると、熱の出入りを抑え、住まい全体の遮熱・断熱性能はグンとアップします。暖冷房費を大幅に削減し電気代の節約。CO2も大幅に削減して温暖化防止にも貢献。家計、地球環境にやさしい住まいになります。

結露抑制効果

二重窓

ガラスやサッシは外気の影響で冷やされると、室内側の暖かい空気も冷やされ、水分が水滴となって結露が発生します。結露や湿気は住まいを傷め、カビやダニ発生の原因となり、健康にも重大な被害をもたらします。内窓は結露の発生を抑えることができます。

防音効果

二重窓2

熱の環流と同じように、音漏れの影響も多い窓。内窓をつけると窓が二重になり、気密性がアップします。空気が出入りする隙間が少なくなることで、外から入る音を低減し、同時に室内音が近隣に漏れるのも抑えることができます。

防犯効果

内窓4

@既存アルミサッシ窓(外側)
A樹脂製内窓(内側)
Bガラス
C空気層
泥棒が狙うのは、短時間で簡単に破壊できそうな窓です。二重窓にすることで、侵入に手こずる窓になります。二重窓は、単窓よりも防犯面での安心効果が期待できます。
※@、Bガラスを防犯やエコガラスへ交換可能

PageTop